Hatena::Grouplaotse

諸子百家の群像 RSSフィード
 

リスト表示 | ツリー表示
ツリー全部最新の50件

1iireiiirei   諸子百家の群像

古代ギリシャ哲学満開のころと比肩する、中国春秋戦国時代の)各種思想の開花。このスレッドでは諸子百家の有様を追ってみるのはどうかな、と思います。



儒家道家的発想からは、堅苦しい印象を受けますが、中島敦の「弟子」では、けっして堅物ではない、生きた孔子像が提示されています。弟子の子路が衛に仕えていてその国の政変で死に、遺体が塩漬けにされたと聞くと、孔子は一筋落涙し、家にあった塩漬けを全部捨てさせ、以後塩漬けはいっさい食べなかった・・・とあります。

返信2017/07/26 05:29:42

2gootatangootatan   了解です!

朝の5時半!Σ(゚ロ゚;)

iirei先生は早起きなんですね。

勉強になるのなら、貪欲に学んでいく所存です!

返信2017/07/26 13:12:29

3iireiiirei   2  Re:了解です!

中国諸子百家には一つの文明の極致が現れていると思います。貪欲に学びましょう!

返信2017/07/26 17:14:25

4gootatangootatan   1  Re:諸子百家の群像

古代ギリシャ哲学満開のころと比肩する、中国春秋戦国時代の)各種思想の開花。このスレッドでは諸子百家の有様を追ってみるのはどうかな、と思います。

儒家道家的発想からは、堅苦しい印象を受けますが、中島敦の「弟子」では、けっして堅物ではない、生きた孔子像が提示されています。弟子の子路が衛に仕えていてその国の政変で死に、遺体が塩漬けにされたと聞くと、孔子は一筋落涙し、家にあった塩漬けを全部捨てさせ、以後塩漬けはいっさい食べなかった・・・とあります。

遺体を塩漬けにするのは遺体の保存が目的なんですね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1387718178

塩漬け自体が子路の死を連想させるため、そのような行動を取ったのですね。

返信2017/07/26 18:33:33

5iireiiirei   4  Re:Re:諸子百家の群像

確かに、人体の塩漬けは、それを長期保存させるという効果があるのでしょう。

面白い参考記事を引いてきましたね。義人:大塩平八郎も塩漬けに・・・塩だけに、相性が良い?

返信2017/07/27 02:17:56

6gootatangootatan   5  Re:Re:Re:諸子百家の群像

なるほど、塩だけに!(笑)

きっと大量の塩だったんでしょうね。大塩だけに。

返信2017/07/27 14:07:42

7kiku38dkiku38d   諸子百家の群像 [墨家]

古代ギリシャ哲学満開のころと比肩する、中国春秋戦国時代の)各種思想の開花。このスレッドでは諸子百家の有様を追ってみるのはどうかな、と思います。

孔子の次は時代的に墨子でしょうか?

今回は、iirei先生の孔子儒家に続いて墨子墨家について書き込みをさせていただきます。


墨家墨子は生没年不詳。孔子墨子について一切語っていなかった。一方で、孔子の死後、約100年後頃に活躍した孟子は「楊朱墨翟之言盈天下(楊朱や墨翟の思想が大流行している) [滕文公章句下 九]」と嘆いている。

これらのことから、墨子孔子の死後100年以内の期間に活動していた思想家であっただろうと推定されている。


墨家は「兼愛」つまり"博愛主義"を説いている。

儒家の説く「仁」は身内だけを大事にするという「偏愛」つまり"差別愛"ではないかと批判している。

墨子は特定の他者差別して愛さないことこそが戦争を含むあらゆる社会的混乱の原因であると考えた。


しかし戦国時代の国家がそのような綺麗事に耳を貸すわけがなかった。当然のごとく、黙殺されて戦争は止まらなかった。

そこで墨家が素晴らしいのは、泊められなかった戦争を見過ごしたりはせずに、わざわざ戦場まで出向いて、戦争を止めなかった国家を相手に弱きものを守るために戦ったのである。

彼らは守るためのたたかいを延々と続け、籠城戦におけるノウハウを蓄積した結果、籠城用の特殊兵器まで発明するほどまでに防御戦に精通した思想家集団となった。


春秋戦国時代中国には、とても熱い漢(おとこ)たちがおりました!

返信2017/07/27 19:38:40

8iireiiirei   7  Re:諸子百家の群像 [墨家]

墨子は興味深いですね。お断りしなければなりませんが、私は当然のことながら諸子百家全般に詳しくはありません。ですからグループの方の情報を楽しみに待っています。



墨子と孔子の比較で面白いのは「仁」と「兼愛」でしょうね。「仁」は儒教道徳「仁・義・礼・智・信」(五常)の筆頭で、「ふたりのひと」(字の旁)が描かれ、この2人の間のいたわり合い、優しさを意味します。一方「兼愛」が、この「仁」より広い範囲の博愛を指すということで、視野が儒家より広いですね。


ところで、フランス革命のスローガン「自由・平等・博愛」のうち、博愛は、よく誤解されますが、「同胞愛」が原義だったそうです。・・・「兄弟愛」というところで、・・・これって、記事にある儒家の「仁」と瓜二つです!!すなわち、フランス革命時のフランスは、儒家と同レベルであることになります。よほど墨家の兼愛のほうが進歩していたことになるでしょうね。恐るべき学派。

返信2017/07/27 21:07:12

9 7  このエントリーは削除されました

このエントリーは削除されました

返信2017/07/27 23:49:28

10kiku38dkiku38d   8  Re:Re:諸子百家の群像 [墨家]

墨子は興味深いですね。お断りしなければなりませんが、私は当然のことながら諸子百家全般に詳しくはありません。ですからグループの方の情報を楽しみに待っています。

墨子孔子の比較で面白いのは「仁」と「兼愛」でしょうね。「仁」は儒教道徳「仁・義・礼・智・信」(五常)の筆頭で、「ふたりのひと」(字の旁)が描かれ、この2人の間のいたわり合い、優しさを意味します。一方「兼愛」が、この「仁」より広い範囲の博愛を指すということで、視野が儒家より広いですね。

ところで、フランス革命スローガン自由・平等・博愛」のうち、博愛は、よく誤解されますが、「同胞愛」が原義だったそうです。・・・「兄弟愛」というところで、・・・これって、記事にある儒家の「仁」と瓜二つです!!すなわち、フランス革命時のフランスは、儒家と同レベルであることになります。よほど墨家兼愛のほうが進歩していたことになるでしょうね。恐るべき学派。

まあ、それは調べ甲斐がありますね、ぐーたさま。

私も色々とお勉強をさせていただいている上に、iirei先生の豊富な知識と幅広い視野からの貴重な見解を伺えて、とても楽しいです!! いつも本当にありがとうございます。


フランス革命スローガンのひとつである「博愛」は儒家の「仁」の思想に近かったことは、とても意外でした。墨家の志の高さを改めて認識いたしました!

返信2017/07/28 06:49:33

11gootatangootatan   10  Re:Re:Re:諸子百家の群像 [墨家]

ええ、菊様!

3人でそれぞれ調べて発表すれば、学習効果も3倍ですよ!

墨子の「兼愛」はまさに現代の啓蒙思想のようですね。

中国の古代思想が現代でも学ばれる理由は「現代でも新しい」と思える教えが沢山あるからなんですよね。

まさに私の日記のタイトル「温故知新」です(゚ー゚*)

返信2017/07/28 18:09:20

12iireiiirei   11  Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [墨家]

ええ、菊様!

3人でそれぞれ調べて発表すれば、学習効果も3倍ですよ!

墨子の「兼愛」はまさに現代の啓蒙思想のようですね。

中国の古代思想が現代でも学ばれる理由は「現代でも新しい」と思える教えが沢山あるからなんですよね。

まさに私の日記のタイトル「温故知新」です(゚ー゚*)


このグループのような活動は、濃密なので、足し算より掛け算で例えると良いのでは?3の3乗・・・3×3×3=27倍のように。

返信2017/07/28 21:08:22

13gootatangootatan   12  Re:Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [墨家]

なんと!指数関数的な学習効果が!?

どうしましょう。ひょっとしたら、来月には我々は「老子」を超えてしまっているかもしれません…。

「3人学習」恐るべし…!Σ(゚ロ゚;)

返信2017/07/29 11:53:58

14kiku38dkiku38d   諸子百家の群像 [儒家; 孟子]

孟子孔子没後約100年後のB.C.372~B.C.289年に活躍したとされる儒学者

孔子の没後、儒家は多くの学派に分裂し、大きく分けて8つの学派が存在していた(=儒家八派)とされている。

その中でもとりわけ、「人は生まれながら善の本性を持っているため、他人に対し自然に親愛の心を持つ意味の”仁”を重んぜよ」という性善説を唱えた”孟子”と、「人は生まれながら悪の本性を持っているため、社会規範である”礼”を重んぜよ」という性悪説をといた”荀子”の2学派が主流となっていった。

孟子』は儒教正典の四書*1の一つである。人の本性は善であり、どのような人間でもその本性は一様である。本性が善でありながら人が時として不善を行うのは、本来の善の本性が外部の影響によって失われてしまうからだと主張した。


 (前略)

人性之善也、猶水之就下也。人無有不善、水無有不下。

 (中略)

人之可使為不善、其性亦猶是也。 [告子章句上2 より]

 (前略)

人の本質が善であるのは、水が下に流れるのと同じようなものだ。

人が善でないことは無く、水が下に流れないことは無い。

 (中略)

人が不善な行いをし得るのは、人の本質も(水の性質と)同じ(外部の影響を受けるから)である。


また、孟子は「仁」による王道政治を説き、富国強兵覇道(政治)であるとして反対した。

つまり「君主は民のことを思いやって政治をしなさい!」と説いた。

*1四書は、儒教経書のうち『大学』『中庸』『論語』『孟子』の4つの書物を総称したもの。

返信2017/07/31 22:09:45

15iireiiirei   14  Re:諸子百家の群像 [儒家; 孟子]

孟子荀子の見解が180度違うのが面白いですね。孟子が「仁」、荀子が「礼」を主張のよりどころとしたのは、老子に言わせれば、どちらもダメだね、ということになるでしょう。とくに「礼:禮」儀式などの手続き、また形式――は、国がみだれる根本原因であるということになるでしょう。(老子18章、38章)


ただ、孟子老子には似た点が多く、とくに「水」については、「偉大な存在であるとする点が一致していますね。(老子8章)

返信2017/07/31 23:14:32

16kiku38dkiku38d   15  Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 孟子]

孟子荀子の見解が180度違うのが面白いですね。孟子が「仁」、荀子が「礼」を主張のよりどころとしたのは、老子に言わせれば、どちらもダメだね、ということになるでしょう。とくに「礼:禮」儀式などの手続き、また形式――は、国がみだれる根本原因であるということになるでしょう。(老子18章、38章)

ただ、孟子老子には似た点が多く、とくに「水」については、「偉大な存在であるとする点が一致していますね。(老子8章)

私も孟子荀子の見解はとても興味深いと思いました。

老子の教えが儒教とは一線を画していて、互いに相容れない教えも意外と多いのではないかと徐々に察し始めておりましたが―

まさか、『老子』の第18章と第38章で明確に批判されていたことには驚きましたw


ちなみに、iirei先生のお話を伺って、不意に古代ギリシア哲学者タレスも「万物の根源は水である」と考えていたと耳にしたことを思い出しました。思想は違えども、"水"というものが東洋・西洋を問わず重要視されていたことが面白いと感じました。

返信2017/08/01 06:07:53

17iireiiirei   16  Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 孟子]

私も孟子荀子の見解はとても興味深いと思いました。

老子の教えが儒教とは一線を画していて、互いに相容れない教えも意外と多いのではないかと徐々に察し始めておりましたが―

まさか、『老子』の第18章と第38章で明確に批判されていたことには驚きましたw

ちなみに、iirei先生のお話を伺って、不意に古代ギリシア哲学者タレスも「万物の根源は水である」と考えていたと耳にしたことを思い出しました。思想は違えども、"水"というものが東洋・西洋を問わず重要視されていたことが面白いと感じました。



孟子老子は、じつは同時代人ではなかったか、という説があります。老子孔子の前時代人なら、孔子の説を知りつくせなかったろう、と言うのですね。でも、実際に老子孟子のころの人が書いたものなら、記述に共通する部分も出てくるでしょうね。(小川環樹訳注老子の解説)


タレスの「万物の根源は水である」、ギリシャでは中国と同じく、世界の構成要素を「地、水、火、風」などに求める理論がありました。「陰陽五行論」も中国にはありましたが、「水」もその一つですね。ちなみに「地、水、火、風」は易経八卦にもなっています。

返信2017/08/01 08:33:55

18kiku38dkiku38d   17  Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 孟子]

孟子老子は、じつは同時代人ではなかったか、という説があります。老子孔子の前時代人なら、孔子の説を知りつくせなかったろう、と言うのですね。でも、実際に老子孟子のころの人が書いたものなら、記述に共通する部分も出てくるでしょうね。(小川環樹訳注老子の解説)

タレスの「万物の根源は水である」、ギリシャでは中国と同じく、世界の構成要素を「地、水、火、風」などに求める理論がありました。「陰陽五行論」も中国にはありましたが、「水」もその一つですね。ちなみに「地、水、火、風」は易経八卦にもなっています。

古代の西洋と東洋で同じような結論が導き出されたことは、本当に興味深いですね。

物事を深く洞察すると、環境や常識が異なっていても、同じような思考にいたるものなのでしょうか。本当に不思議なことだと感じます。

返信2017/08/03 18:06:44

19kiku38dkiku38d   諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

荀子。B.C.313~B.C.238年に活躍したとされる儒学者孟子と並ぶ孔子の後継者のひとりである。

(孟子については[ bbs:7:14 ]をご参照ください。)


孟子孔子から”仁”の教えを受け継ぎ完成させたが、荀子孔子のもうひとつの教えである”礼”を受け継ぎ完成させた人物として評価されている。

荀子孟子とは正反対の以下のような性悪説を唱えている。


人之性悪。其善者偽也。今人之性,生而有好利焉,順是,故争奪生而辞譲亡焉; 生而有疾悪焉,順是、故残賊生而忠信亡焉; 生而有耳目之欲,有好声色焉,順是,故淫乱生而禮義文理亡焉。

然則従人之性,順人之情,必出於争奪,合於犯分乱理,而帰於暴。故必将有師法之化,禮義之道,然後出於辞譲,合於文理,而帰於治。用此観之,然則人之性悪明矣,其善者偽也。

人の本来の性質は悪である。それが善である者は、人為の結果、そうなったのである。さて、人の本来の性質は、生まれながらにして利を好むものである。このままにすると、争奪が生じて、遠慮するということがなくなる。人の本来の性質には、生まれながらにして憎悪の心があるものである。このままにすると、他人に危害を加えるような行為をし、まごごろや誠実さが失われる。人の本来の性質には、生まれながらにして美しいものを見たい、聞きたいという欲望、音楽や女色を好む傾向がある。このままにすると、人の道を外れた行為が横行し、礼や義や条理が消滅する。

これらのことが正しいとするならば、人の本来の性質に従い感情の趣くままに行動すると、必ず争奪が生じ、条理が犯されて乱れ、秩序が崩壊することになる。だから必ず正しい導き手、礼と義による感化があって、その後に初めて遠慮の心が生まれ、条理に合致し、世の中が治まる。以上のことから考えると、人の本来の性質が悪であるのは明らかである。それが善である者は、人為の結果、そうなったのである。


そして、「人は生まれながら悪の本性を持っているため、社会規範である”礼”を重んぜよ」と主張した。

”礼”とは、”仁”を形にした礼儀作法・所作振る舞いのことである。荀子はまず”礼”の起源について以下のように述べている。


禮起于何也?

曰:人生而有欲,欲而不得,則不能無求。求而無度量分界,則不能不爭;爭則亂,亂則窮。先王惡其亂也,故制禮義以分之,以養人之欲,給人之求。使欲必不窮于物,物必不屈于欲。兩者相持而長,是禮之所起也。


”礼”は何から起こったのか?

人は生まれながらに欲望を持っている。欲しがってそれが得られなければ、それを追い求めずにはいられない。求め方に”基準”がなければ、争わずにはいられない。そこで古の聖王は礼儀を定めて”分”を与え、物が欲望のために枯渇することがないようにした。これが”礼”の起こりである。


このように各々の”分”に応じた生き方・所作振舞いが”礼”である。そして「禮者,人道之极也。(礼なる者は、人の道の極致である。)」と考えた。


更に、荀子は国家の秩序を維持するためのものとして”礼”の大切さを訴えた。

この”礼”を人間が社会で生きる上での決まり事である”法”に置き換えた主張を唱えた韓非子などの学派集団が”法家”と呼ばれることになる。


ぐーたさまが荀子韓非子についてもご興味があると以前伺ったことがあったため、性悪説については少し詳しく書いてみました! ご参考になれば幸いです。

返信2017/08/14 05:12:07

20iireiiirei   19  Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

孟子孔子から”仁”の教えを受け継ぎ完成させたが、荀子孔子のもうひとつの教えである”礼”を受け継ぎ完成させた人物として評価されている。


確かに、儒家の祖・孔子は「仁」も「礼」も大切な徳目としていました。それをそれぞれ発展させた孟子荀子儒家の優等生ですね。


ところで老子は38章で「礼は乱の首(はじめ)なり」と、激烈な儒家批判をしています。「礼」は形式・形を意味しますが、それは「道」・「徳」・「仁」・「義」などが失われた後に出てくるのが「礼」だと言うのですね。


老子ロジックは以上ですが、私は思います。:「礼」こそが社会を維持していく最後の手段、これも失われれば、社会は壊滅すると。老子は多分、「礼」の意義をも知り抜いていたと思います。


なお、私のペンネーム森下礼も「礼」という言葉を使っています。

もと「范蠡:はんれい」という春秋戦国時代の名軍師の名から「森下蠡」と名乗ろうと思っていたのですが、字が難しすぎるので昔の恋人の名「礼子」から取って現在のペンネームにしました。

返信2017/08/14 06:24:49

21 20  このエントリーは削除されました

このエントリーは削除されました

返信2017/08/14 22:37:20

22kiku38dkiku38d   21  Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

iireiさまの説にとても共感いたしました。

現代社会を見ていると、マナー本などのマニュアルなどはたくさんあるのに、私は不思議と昔よりも「礼」が失われているように感じることがあります。そして、社会を構成している人々の心が荒んできているような感じを覚えております。


ところで、iireiさまのペンネームの由来もお伺いできて嬉しいです。

確かに蠡は難しくてレイとは読めないですねw

返信2017/08/14 22:36:51

23 22  このエントリーは削除されました

このエントリーは削除されました

返信2017/08/19 11:01:44

24iireiiirei   23  Re:Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

<追伸:あぁ!先生!先生がお嫌いな法家の思想にも興味がある事をお許しください <(_ _)>


許すも許さないも、確固とした法家哲学に興味がある点は、知的好奇心の持ちようとしては当然だと思いますよ。


ただ、荀子老子の教えを裏側から読んだという点があまり好きではないのですね。


それから、法家の信奉者は、韓非、李斯、商鞅、そして始皇帝、すべて碌な死に方をしていない点、注意したいところです。

返信2017/08/19 07:53:58

25gootatangootatan   24  Re:Re:Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

あぁー!なんということでしょう!Σ(゚ロ゚;)



今朝、徹夜明けにこちらを覗いたら、菊様が私が以前に話していた「荀子」「韓非子」についての立派なスレッドを立ってていらっしゃっるではないですか。

「何かコメントを残さなければ!」と思い、眠いながらに一生懸命書いたのですが、変なレスポンスになんてしまいました。



少しして「不必要な主張だったなぁ」と思ったのですが、眠かったので起きてから削除する予定でしたが…

もうiirei先生に読まれてしまって、しかもお返事まで頂いてるではありませんか!ガーン!Σ(゚ロ゚;)



お恥かしい限りです(*ノェノ)




<<ただ、荀子老子の教えを裏側から読んだという点があまり好きではないのですね。

それから、法家の信奉者は、韓非、李斯、商鞅、そして始皇帝、すべて碌な死に方をしていない点、注意したいところです。>>


はい。それほど詳しくは無いのですが、上記の皆様はとても冷徹な印象があります。

老子の四十二章にも「凶暴なものはよい死に方をしない」とありました。

荀子老子の教え正しく学びつつ、法家の学べる部分は学びたいと思います。

まだ大分先の事だとは思いますが!Σ(゚ロ゚;)

返信2017/08/19 11:00:18

26gootatangootatan   25  Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

iirei先生

ちなみに菊様ですが、ご自宅のネット環境に不具合があったそうです。

しばらくはお休みされるかもしれません。


私も休日は留守がちですので、しばらくは「老子を読む会」の書き込みの更新速度が緩やかになるかもしれません。


のんびりやって行きましょう!ヽ(゚▽゚*)ノ

返信2017/08/19 11:07:20

27iireiiirei   25  Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

<それほど詳しくは無いのですが、上記の皆様はとても冷徹な印象があります。

老子の四十二章にも「凶暴なものはよい死に方をしない」とありました。


・・・仰る通りです。ただ、彼らは冷徹と言うより冷酷だと思います。

返信2017/08/19 17:05:49

28iireiiirei   26  Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

iirei先生

ちなみに菊様ですが、ご自宅のネット環境に不具合があったそうです。

しばらくはお休みされるかもしれません。

私も休日は留守がちですので、しばらくは「老子を読む会」の書き込みの更新速度が緩やかになるかもしれません。

のんびりやって行きましょう!ヽ(゚▽゚*)ノ



はい。

返信2017/08/19 17:07:16

29gootatangootatan   27  Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

<<・・・仰る通りです。ただ、彼らは冷徹と言うより冷酷だと思います。


あ!そうですね。冷徹ではなく冷酷ですね。

少し言葉の意味を誤解してました><;


【冷徹】感情に左右されることなく、冷静に物事を見通すこと。

【冷酷】思いやりがなく、むごいこと。無慈悲


ご指摘ありがとうございます(*^_^*)

返信2017/08/20 03:01:51

30kiku38dkiku38d   28  Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:Re:諸子百家の群像 [儒家; 荀子]

iirei先生,ぐーたさま

しばらく放置してしまい大変申し訳ありません。

インターネットの機器の修理は完了して、再びネットワークに接続することができるようになりました。


> ぐーたさま

グループへのご連絡、誠にありがとうございました。とても助かりました!

返信2017/08/21 01:12:16