Hatena::Grouplaotse

老子と詩 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

1iireiiirei   老子と詩

わずか5000字余りの『老子』を魅力的にしているのが、対句、脚韻などを多用する詩的表現だと思います。老子に見られる詩的表現を中心に、他の人の詩(中国詩に限らず)の「妙味は、ここにある」といった感じで、挙げていったらどうかな、と思いました。



例。


老子』第81章


信言は美ならず、

美言は信ならず。

返信2017/08/09 02:10:31
  • 1老子と詩 iireiiirei 2017/08/09 02:10:31
    わずか5000字余りの『老子』を魅力的にしているのが、対句、脚韻などを多用する詩的表現だと思います。老子に見られる詩的表現を中心に、他の人の詩(中国詩に限らず)の「妙味は、ここにある」といった感じで、 ...
    • 2Re:老子と詩 gootatangootatan 2017/08/09 20:06:37
      なるほど。詩の美しさにも気を付けながら読み進めたいと思います。 今は何も思い付きません。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
      • 3Re:Re:老子と詩 iireiiirei 2017/08/09 23:07:24
        なるほど。詩の美しさにも気を付けながら読み進めたいと思います。 今は何も思い付きません。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン あんがい沢山あるのですが、私もさほどフォローしていません。 ...
        • 4Re:Re:Re:老子と詩 gootatangootatan 2017/08/10 19:00:46
          では「この詩良い!!」という乗りで何か良い詩を発見いたしましたら、こちらに紹介させて頂きたいと思います。 詩ではないのですが、先日のiirei先生の記事で李商隠を「打ちひしがれた少年が覗く青玉」 ...
          • 5Re:Re:Re:Re:老子と詩 iireiiirei 2017/08/10 19:41:36
            <李商隠を「打ちひしがれた少年が覗く青玉」と評した部分がステキな表現だなぁと思いました。   なんだか、私は境遇からして、李商隠を近しい人に感じたのです。この表現は、高橋和己さんの考えたもの ...