Hatena::Grouplaotse

老子と詩 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

9kiku38dkiku38d   8  Re:Re:早春

小野篁。私も良い歌詠みだと思います。遣唐使になることに反抗し、一時島流しになった彼。そのときの歌もいいですね。

この漢詩の場合、とにかく色彩感覚がいいですね。そのあたり、同工異曲の白楽天の詩を軽く凌駕します。

葦の新芽を「錐脱嚢」としたのは、漢語では「頴脱:えいだつ」という言葉を連想しました。

「頴脱」という言葉、まさに「これあるかな!」ですね。


隠岐への島流しの時の歌も素敵ですよね!

「わたの原 八十島かけて こぎいでぬと 人には告げよ 海人の釣り舟」

小野篁の人となりが感じられる歌だと思っております。

その時に詠んだと言われている《謫行吟 [たつこうぎん]》も見事だったと伝聞されております。しかし、現在は失われてしまったとのことでとても残念に思います。


加えて、《西道謠 [さいどうよう]》という遣唐使批判をした詩も今は失われてしまっているそうです。重ね重ね残念でなりません。

返信2017/08/11 18:48:54
  • 9Re:Re:早春 kiku38dkiku38d 2017/08/11 18:48:54
    <小野篁。私も良い歌詠みだと思います。遣唐使になることに反抗し、一時島流しになった彼。そのときの歌もいいですね。 この漢詩の場合、とにかく色彩感覚がいいですね。そのあたり、同工異曲の白楽 ...